リフォームの助成金について

年齢を重ねていくと自宅をバリアフリー化にリフォームをする人が増えています。年齢に合わせた自宅に変化させるのです。また、介護が必要になればバリアフリー化は緊急課題になります。実は、介護保険制度により要支援・要介護に認定された人の住宅リフォームは助成金が出るのです。改修する住宅は被保険者の住所と同一で本人が実際に居住している必要があります。助成金の対象となるバリアフリー化のリフォームの種類は複数あります。まずは手すりの取り付けです。廊下や浴室、玄関などの手すりを取り付けるのは助成金の対象になっているのです。また、段差の解消も対象となっています。床に段差があると転びやすいです。そのため、スロープの取り付けや浴室の床のかさ上げなど段差の解消も大将となっているのです。扉を引き戸などに取り替えるバリアフリー化のリフォームもまた助成金の対象となっています。扉の開け閉めが簡単な引き戸や折り戸に取り替えることも対象になるのです。さらに、和式便器から洋式便器に取り換えるのも対象になります。ただし、洋式便器から洋式便器への取り換えは対象となっていません。自宅をバリアフリー化のリフォームをするときには助成金の対象の場合はしっかりと申請してください。

バックナンバー

リフォームの凄い情報

↑PAGE TOP