基本的なバリアフリーリフォーム

バリアフリーとは、障害や障壁がないという意味で、バリアフリー住宅とは、高齢者やハンディキャップを持つ人でも安全に暮らせる住宅をいいます。小さな子供がいる場合にも安全性が高まるなど誰にでも優しい住宅といえます。バリアフリー住宅にするリフォームは、具体的に現在の住宅で暮らしにくいという症状があってする場合と、将来に備えてする場合があります。安全で暮らしやすい生活にするリフォームの第一のポイントは、家の中での移動のしやすさです。そのためにまずしておきたいことはは段差の解消です。車いすでの生活がスムーズにできるようにするばかりでなく、高齢者などが躓いて転倒するリスクをなくすことができます。和室の敷居などの小さな段差だけでなく、玄間などにも配慮が必要です。また、床材を滑りにくいものにすることもポイントです。家の中に階段がある場合は、階段を緩やかにしたり階段昇降機を取り付ける、あるいはホームエレベーターの設置などを考えます。ほかによくおこなわれるリフォームには、ドアタイプの扉は引き戸にする、廊下や浴室、トイレなどを広くする、手すりをつけるなどなどがあります。介護が必要になってからおこなうバリアフリーリフォームには介護保険の助成金の利用できるほか、一般のリフォームでも利用できる自治体独自の助成制度がある場合もあるので、事前にきちんと情報を収集することがポイントです。

バックナンバー

リフォームの凄い情報

↑PAGE TOP