トップ

マンション経営と年金

老後に必要な生活費と年金減少

マンション経営を私的年金に

年齢を重ねるごと、無視できない存在として重く降りかかるのが「老後の生活」にまつわる問題です。特に、定年退職後の生活費については、毎日の生活と密にかかわる存在として、頭を悩ませるでしょう。

現在、あなたは老後の生活費をどのようにやりくりしようと考えていますか?
年金、保険金、退職金、預貯金、再雇用による収入、マンション経営による不労収入など、さまざまな方法が考えられます。

将来安心のマンション経営をお考えならこちら。

もっとも代表的な回答となるのが「年金」ではないでしょうか。現在の生活費を算出し、年金の支給額と比較した上で、安心している人もいるかもしれません。しかし、今後年金の支給額は確実に下がっていくと言われています。

さらに、インフレによって生活費が今以上にかかってしまう可能性も浮上しているのです。現在の「年金」に対するイメージが、実際に老後を迎えたときにも変わらず生活を支援してくれるかという問題に、自信を持って答えられる人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

それならば、年金以外にも頼ることのできる「私的年金」を蓄えておかなければなりません。一般的に、老後の生活には、最低で22万円必要と言われています。ゆとりのある生活を送りたいならば、35万円を目安にしてください。私的年金で、これだけの金額を安定して得るならば、やはりマンション経営がもっとも効果的です。

マンション経営は、貯蓄がある程度あり、また今後もさらに稼ぐことのできる若いうちから始めることのできる、実りのある方法です。もちろん不労収入の種にもなりますし、自分自身がそこで生活することもできます。老後に少ない年金の中から家賃や光熱費を捻出することは決して楽なことではありません。賃料のかからないマンションを持っていることは、精神的な安定にもつながるのです。